救ってくれた〇〇を書くにあたって

救ってくれた〇〇を書くにあたって

2018年9月18日(火) 会社に行けなくなりました。

その後は、朝、出発するが途中で、いけなくなるを繰り返し、2018年10月1日(月) 病院へ連れていかれました。
そこで、「パワーハラスメントによるうつ病」と診断され、真っ暗闇の海の底に沈んだような生活が始まりました。

一言で言うなら、「無」
「無」気力、「無」関心、「無」視、情熱無し・・・

あの時の感情や状況を書き出すと、今でもわけがわからなくなります。
一体、何だったのだろうと・・・今ではよく思い出せないこともあります。

そんな日々から、私に働きかけ、救ってくれたヒト・モノ・コトバがあります。
そんなヒト・モノ・コトバを「救ってくれた○○」という形で紹介したいと思います。

真っ暗闇の中で冷め切って、「無」だった私に、あたたかな光と心地よい風を吹き込ん
でくれたことに感謝を込めて

そして、同じ境遇で苦しんでいるうつ仲間たちへの気づきの種となれることを願って

ほどよいミニマリスト 

救ってくれた〇〇カテゴリの最新記事