よりどころがあるとなにやかんやで粘れちゃう

よりどころがあるとなにやかんやで粘れちゃう

うつ病で、心身が停止してしまうまでの4年間は、どんな負の環境でも頑張れたのは、
生徒や家族、信頼置ける同僚たち、そして夢や目標のおかげだと思います。

教師になった理由の一つに野球の指導者になり甲子園に行きたいという夢がありました。

そして、23歳の時に持った「よりよい日本作りへ貢献する」という目標がありました。

どんな状況に置かれても、野球部の活動に参加できていて、生徒の日々の努力と成長をともに経験できていたら、いやなことやモヤモヤが薄れていく毎日でした。

そんな部活動にも、参加禁止と言われてからは、生徒や保護者さんの存在がパワーをくれていました。
毎日、挨拶してくれて、様々な感情や表情を見せてくれる生徒たち。
生徒の顔を見ると、ホッとしました。

ともに、生徒を見守り、大きな愛情を感じさせてくれる保護者の皆さん。本当に、ありがとうございました。

粘りたい方は、よりどころを書き出してみてはどうでしょうか。

救ってくれた〇〇カテゴリの最新記事