うつ病による変化 ①

うつ病による変化 ①

私が働いていた学校には挨拶アンケートなるものがありました。

要は生徒が最もよく挨拶した教員に投票するというものです。
私は7年連続1位でした。

私が心がけていたことは、「目を見る」「名前を覚える」「一言付け加える」といったことでした。
そして、相手の良いところを思い浮かべながら挨拶をするということも心がけていました。

しかし、うつ病になり、社会へ復帰しようとしている私はこのことができなくなっているのです。
全てです。
挨拶のできない人になっているのです。

教師のころに大切に感じていたことができなくなっていることがたくさんあります。
人間性を否定され、教育観、生き方を否定され続けるとこういった現象になるのでしょうか。

私は、さみしく感じています。

人とつながりたくない、人に興味がない、親切にできない、、、パワハラをしてきた人たちを許さなければ前に進めないのでしょうか?

許す必要があるのでしょうか?毎日この問いかけを自分にしています。
変わってしまった自分が好きになれません、、、

他人を大事にできない自分はうつとは関係ないのでしょうか?

自問自答する日々が続きます。

うつ病とともに生きる日々カテゴリの最新記事